なみなみ*らいふ

旅の記録と日々のできごと、思うこと・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP山歩き ≫ 八紘嶺撤退から梅ヶ島滝めぐり?

八紘嶺撤退から梅ヶ島滝めぐり?

今日は完全に行先の選択ミス…⁉ (;´Д`)
静岡地方の天気予報は確かに曇☁だったけど、もう少し晴れ間がでるかなと。。。
まさかこんなにガッスガスとは…(・・;)
他のエリアはそこそこ良い天気だったような。。。(?)


朝は青空が出てたので以前から行ってみようと思っていた
安倍奥は八紘嶺~大谷嶺を歩こうと思って梅ヶ島へ向かったのだけど、、、
梅ヶ島へ向かって北上しだしたら天気がどんどん悪くなり・・・
安倍奥の山々の稜線は雲に覆われてました(◎_◎;)。
梅ヶ島温泉から安倍峠へ行く林道の途中の駐車場(八紘嶺登山口)へ
8:00頃到着するも、この辺りからガスで白っぽい(苦笑)

20150607hkr1.jpg

登る気が失せてきて・・・どうしようかと少し様子をみてたら
一瞬青空がのぞいたので回復することを期待してとりあえず八紘嶺まで行くことに。。
(大谷嶺まで行くのはもう諦めてた....)


8:24 とりあえず(?)登り始めました・・・

20150607hkr2.jpg




登り始めると、すぐシロヤシオの木が。
花はもうありませんが、葉っぱはかわいい....^^;;
そう…ホントはシロヤシオが咲いてるときに来ようと思ってたんだよなぁ。。
天気と都合があわず行きそびれて今になってしまったんですが。。

20150607hkr3.jpg

8:46 安倍峠からの道との分岐を通過・・・

20150607hkr4.jpg

駐車場で一瞬出た青空はどこへやら。。。
ますますガスガス~(◎_◎;) 神秘的といえば神秘的?^^;;

20150607hkr5.jpg

しかも結構肌寒い・・・。ここまで登ってきても汗かかず。。。

20150607hkr6.jpg

崩落しかかってる....?

20150607hkr7.jpg

と思ったら富士見台でした。
8:58 富士見台に到着。

20150607hkr8.jpg

富士見台だから富士山見えるはず....どころか何にも見えず~真っ白(◎_◎;)

20150607hkr9.jpg

・・・この時点で先へ行く気が失せてきましたけど・・・
う~ん、どうしょ。。天気回復するのか?・・・
悩みながら、なんとなく歩を進めます・・・(悩)


この辺りにもシロヤシオが。。

20150607hkr10.jpg

で。
結局。
富士見台から5~6分歩いたところで・・・
「や~めたっ」と思って引き返すことにしました。(苦笑)
この道、やっぱり天気のいいときに歩きたいし。歩くなら大谷嶺まで行きたいし。
ということでいつか出直すことにしました。

20150607hkr11.jpg

まだ9時過ぎだから、このあと天気回復してくるかもしれない?・・・
と思うとなんとなく後ろ髪ひかれ・・・・
下りながらも、やっぱり行こうかなと何度も振り返ってしまいましたけど(汗)


20150607hkr12.jpg

・・ということで。
9:40 駐車場へ戻りました^^;;

まぁ、やめて正解だったかと。。。

林道を走りながら見た安倍奥の山々は ↓ こんなんでしたから。
結局ずっとこんなんでした。

20150607hkr13.jpg


* * *

で。
下山後。
滝を見ながら戻りますか。

鯉ヶ滝(恋仇)を見て・・・

20150607hkr14.jpg

20150607hkr15.jpg

三段の滝を見て・・・

20150607hkr16.jpg

20150607hkr17.jpg

そして、時間があったので
もう一つ、そのうち行ってみたいと思っている大谷崩~大谷嶺の登山口を
偵察に行ってみました^^;;

20150607hkr18.jpg

ホントは、八紘嶺から大谷嶺まで行ったら大谷崩れを下ってくるルートで歩きたいんですが。
そうすると車の回収が困る.......。(・。・;

20150607hkr19.jpg

大谷崩れ、見たことないんですが。。。
大谷崩れ方面もガスで真っ白でした。

20150607hkr20.jpg

このあと、せっかく来たから温泉入って・・・^^;

最後に、赤水の滝を見て・・・

20150607hkr21.jpg

20150607hkr22.jpg

帰りましたとさ....(^^;;


う~ん、、、何をしに行ったんだか、ってカンジになっちゃいましたけど。。(汗)
このコースはいつか歩きにいきます。
紅葉の時期にしたほうがいいかな~。。。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL >>