なみなみ*らいふ

旅の記録と日々のできごと、思うこと・・・
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP山歩き ≫ 茶文字の粟ヶ岳

茶文字の粟ヶ岳

1月25日(日)


R1バイパスを西に向かって走っていると、山の斜面に「茶」の文字が見えてきます。

140125awa0.jpg

この山が粟ヶ岳(@掛川市)。
車で頂上まで行けちゃいますが...(^^;
ハイキングコースがあるようなので行ってみました。

はい、歩いて登りますょ




「東山いっぷく処」という商店?のところがハイキングコースのスタートです。。

140125awa1.jpg

事前に調べたとき、駐車場がないからここに停めさせてもらったというような記事を見たので、
自分もそうしようと思い行ってみたら、この商店の角を曲がった道の路肩(?)に
15台~20台位置けそうな駐車スペースがありました。
なんか...まだきれいだったので最近整備されて作られたのかも・・(?)




では、車を停めてスタート。

140125awa2.jpg

集落をぬけて・・・前半は、茶畑に囲まれた舗装路歩き。。。(;・∀・)
なにげに急坂です・・・(;´∀`)

140125awa4.jpg

途中、富士山が見えました。 …今日はちょっとかすんでる...?(・_・;)

140125awa6.jpg

25分程登ったところで舗装路歩きは終わり、、、ハイキングっぽくなりました^^;;

140125awa7.jpg

140125awa9.jpg

山頂より少し下に、気持ちよさそな広場があり。

140125awa10.jpg

手書きの案内板がわかりやすい^^;;

140125awa11.jpg

140125awa12.jpg

歩きます・・・

140125awa14.jpg

しばらく登っていくと・・・

山頂の神社に到着です。スタートから55分位でした。
阿波々(あわわ)神社。(名前がかわいい...⁉^^;; )

140125awa15.jpg

そして、粟ヶ岳(532m) 登頂~☆ ^^;;

140125awa17.jpg

140125awa18.jpg

頂上にある売店兼食堂。
こちらのお店、1月末で閉店とのこと。
・・ちょうどお昼だったのでここでお蕎麦をいただきました^^;;

140125awa24.jpg

ちなみに、この粟ヶ岳・・
自転車で登ってくる人も多いらしく、店内の壁には自転車登頂回数の多い人と、
ハイキング回数の多い人の、回数と名前が書かれた紙がいっぱい張られていました(◎_◎;)
みなさん、すごい回数でしたょ...( ゚Д゚)


山頂より、富士山。

140125awa20.jpg

やっぱり少し霞んでました。。。

140125awa21.jpg

140125awa22.jpg

麓は茶畑。

140125awa23.jpg

どなたかわかりませんが… 像がありました^^;;

140125awa19.jpg


では、、、ぼちぼち戻りますか。


神社のすぐ下になんか巨大な岩が・・・。

140125awa25.jpg

↓ ・・・だそうです…(^^;

140125awa26.jpg

広場でちょっとおやつタイム。
ベンチもあっていい場所で、春に来るといいかも♪

140125awa27.jpg

広場でのんびりした後・・・ 下ります。

下りる途中、"茶"文字のところまで行ってみました。
緑の線をひいたところが、文字の一部です^^;

140125awa29.jpg

アップ

140125awa30.jpg

ちなみに、、"茶"の文字をつくっているのは、お茶の木ではなく...「ヒノキ」です。
(お茶の木かなと思ってましたけどね^^;; )

茶文字は昭和7年に松の木を植えて作られたそうですが、
その後"マツクイムシ"の被害にあって、ヒノキに植え替えられたそうです。


ハイキング道へ戻って、茶畑の中、下りていきます・・・

140125awa31.jpg

140125awa32.jpg

下りは30分くらいでしょうか。。。駐車場に戻ってきました。
駐車場からも茶文字が見えてます。

140125awa33.jpg

茶文字アップ

140125awa34.jpg


茶文字のビューポイントがあるようなので、帰りにビューポイントから見てみました。
こんなカンジです・・・^^;;

140125awa35.jpg

140125awa36.jpg

140125awa37.jpg


・・・というわけで。
粟ヶ岳ハイキングでした~^^;;
ちなみに粟ヶ岳は、桜の名所らしいです
春に行くのがいいかもしれません。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL >>