なみなみ*らいふ

旅の記録と日々のできごと、思うこと・・・
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP山歩き ≫ 南アルプスの貴公子☆甲斐駒ヶ岳②

南アルプスの貴公子☆甲斐駒ヶ岳②

甲斐駒ヶ岳①のつづきです … →


仙水峠からの急登を登り切り、やっとこさ駒津峰に到着。
少し休憩して甲斐駒ヶ岳へ向かこうとにします。

140819kaikoma35.jpg

目指す先が前方にどど~んと聳えてて、目前に迫ると山肌が白いのが更によくわかります。
ただ・・・見るからにこの先も険しそうです・・・

しかも・・・
さぁ、、あと90分がんばろう!と思って進むと・・・




今度はいきなり岩場の急下り・・・・
あんなに登らされたのに、下るのかっ⁉ってカンジです・・・

140819kaikoma38.jpg

駒津峰からは岩の稜線をアップダウン。

この先しばらく岩場の登り下りの繰り返し・・・。
(ってことは帰りもまた登らされるわけです・・・

岩場はよじ登るってカンジです。。。

140819kaikoma39.jpg

しばらく進むと、巨大な岩、六方石が現れました。(ここが八合目らしい)
でかいっ⁉

140819kaikoma40.jpg

少し進んで振りかえって見てみる六方石。
そのむこうに駒津峰がガスで霞んでうっすらと...。

140819kaikoma42.jpg

頂上への直登コースと巻き道の分岐。
「直」のほうは・・いきなり巨大な岩がゴロゴロ....(◎_◎;)
なので私は・・「マキ」へ進みます。

140819kaikoma43.jpg

で。
「マキ↗」へ進んだら、またいきなり岩場を激しく下らされ…(;´Д`)

140819kaikoma44.jpg
↑ 下りて振り返ったところ・・・。


進みます。。。


巨大な岩ゴロ地帯がやっとおわって道の様子が変わってきました。
花崗岩のザレ場になりました。

この白い砂地、ザレててずるっとなりそうなので慎重に…^^;;

140819kaikoma46.jpg

進みます・・・

140819kaikoma50.jpg

このあたり、疲れてなければ楽しく歩けそうなとこだけど、
ここまですでに4時間近く歩かされてる身には結構辛い・・・。

すれちがう下山してくる人たちが羨ましくてたまりませんでした・・・^^;;

140819kaikoma51.jpg

140819kaikoma52.jpg


摩利支天との分岐を通過。 摩利支天? もちろん行きませんょ・・・。

140819kaikoma53.jpg

やっと頂上らしきとこが見えてきた・・・・

ここまでザレ場のつづら折れの登りがめちゃ長くきつく感じました・・・

140819kaikoma54.jpg

あと5分...!

140819kaikoma55.jpg

そして・・・やっっっと!頂上ヽ(^o^)丿

140819kaikoma56.jpg

11:43 甲斐駒ヶ岳 登頂~☆
なんとか、目標の12時までには到着できました。

140819kaikoma57.jpg

…しかし。
はい、見ての通り・・頂上またまたガスガスです....(苦笑)

140819kaikoma58.jpg

140819kaikoma59.jpg

またまた頂上からの景色なんにも見えないのか・・・と思うと、
なんでよっ っていう気持ちもあるけど、
でもこのときはもう景色云々より、
とにかく登頂できたこと(=登りが終わったこと^^;)が嬉しかったです。
いゃ、もうマジでキツかったですから・・・^^;;;

140819kaikoma60.jpg

景色は望めなかったけど、嬉しいことも。。

雷鳥親子がいらっしゃいました。

140819kaikoma61.jpg

岩と同化してる?^^;;

140819kaikoma63.jpg

帰りのバスの時間があるのであんまり長居はできません。

12:13 名残惜しいけど下山するとしますか。

140819kaikoma64.jpg

下山は3時間です・・(;゚Д゚)

140819kaikoma65.jpg

登りと同じ「マキ道」を戻ります。
下りのほうが、ズルっといきそうなので慎重に・・

140819kaikoma66.jpg

岩場が足の形になってる....^^;

140819kaikoma69.jpg

歩いて・・・・

歩いて・・・・

140819kaikoma70.jpg

六方石まで来ました。

140819kaikoma72.jpg

振り返ってみると・・・ やっぱりガスですか。。。

140819kaikoma73.jpg

ここからまた、岩場のアップダウンをいくつか通過し・・・

140819kaikoma74.jpg

13:20 駒津峰まで戻ってきました。
ここから北沢峠まで約2時間。 そんなに急がなくてもバスには間に合いそう。

140819kaikoma76.jpg

少し休憩して・・・ ここからは双耳山経由で北沢峠まで下山します。
双児山までまた登り返しがあるようですが、こっちのほうがちょっと早いみたいなので。。


ハイマツの広がる尾根から、ガレた道を下ります。
ガスにまみれて展望はなし・・( ゚Д゚)

140819kaikoma77.jpg

下って・・・

140819kaikoma78.jpg

登り返し・・・(;´Д`)
まぁ、今まで歩いてきた道を思えばこの登り返しなんてたいしたことない⁉です...(苦笑)

14:00 双児山到着。(四合目)

140819kaikoma79.jpg

ここからはひたすら下りまする。

樹林帯の道をつづら折れに下り・・・。

だんだん飽きてきた…(苦笑)

仙水峠からの登りもきつかったけど、
こっちはこっちで登りで使うのもつまらなそうです...?(汗)

二合目通過・・・

140819kaikoma80.jpg

そして、15:13 無事、北沢峠に戻ってきました。

140819kaikoma82.jpg

バスの時間まで多少の余裕ありました。

最終の16時のバスに乗り、広河原(乗り換え)→奈良田に17:25に到着。
帰りは座れました

140819kaikoma83.jpg

・・・・

というわけで。甲斐駒ヶ岳登山でした。

仙丈ヶ岳は女性的で登りやすい山、
対して、甲斐駒ヶ岳は男性的、というのが登ってみて納得です。
甲斐駒ヶ岳、登りがいのある山でした。ほんとっ、キツかったです・・・

なので、登頂したときはガスガスでもここまで来れたことが嬉しかったし、
キツイから甲斐駒はもう2度目はないな、と思ったけど、、、
帰ってきて疲れもとれてくると、やっぱり山頂ガスは悔しいし…
リベンジありかな、と思い始めてます。^^;;

ただ、、、夏場は、ガスる前に頂上に着くようにしたいなら、
このマイカー規制のバスの時間があるかぎり、前泊して朝早くから登らないとだめかなと。。
朝のうちは晴れだっただけに毎回悔しいです(苦笑)

それに、日帰りはバスの時間が気になり、気持ち的にもなんかゆとりがなかった部分もあるので
やっぱりここは泊まりがいいですかね。。。


▲今回のCT▲

北沢峠 7:20 → 北沢長衛小屋 7:25 → 仙水小屋 7:55 → 8:25 仙水峠 8:30 →
10:13 駒津峰 10:25 → 六方石 10:47 → 11:43 甲斐駒ヶ岳 12:13 → 六方石 12:52 →
13:20 仙水峠 13:30 → 双児山 14:00 → 北沢峠 15:13


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL >>