なみなみ*らいふ

旅の記録と日々のできごと、思うこと・・・
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP北海道 ≫ 道東の旅

道東の旅

先月八重山へ行ったばかりですが・・・
GW5連休のうち4日間を使って、北海道は釧路→根室へ行ってきました。
何故、道東・・?
日本の端っこで行ってないのが東の端(=納沙布岬@根室)。
なんとか制覇したい、いつ行こうかとずっと考えてました。
で、今回やっと
0905kushiro0.jpg

さいしょの計画では、根室中標津空港から入って根室駅周辺に宿泊しようかと考えたけど、
調べると、なんか根室駅周辺も寂れてるっぽい(失礼!?)ような、何もなさげだったので、
他の空港からならどこかと調べたら、釧路が便も多く便利そうで、
根室までも2時間半くらいで行けるようだったので、結局ずっと釧路に泊まって、
納沙布岬は釧路から電車で日帰りしました。

でも今回3泊4日といっても、初日は午後到着便、最終日は午前中の出発便だったので、
観光できるのは中2日しかなかったから、今回観光したのは釧路湿原と納沙布岬だけです…

ちなみに根室って、、私は納沙布岬に行くことしか頭になかったので、
それ以外の根室のことは何にも調べてなく、行く数日前になって他にはどんな見所があるのか
ちょっと調べてみたら、結構自然いっぱいの見所があるんですねぇ・・。
これならずっと根室に滞在して根室半島レンタカーで回るってのもよかったかなぁ、、、
なんて思ったりもしたけど・・
・・でもまぁいいです、納沙布岬がいちばんの目的でしたから

0905kushiro5.jpg
0905kushiro6.jpg

それでも湿原ノロッコ号とか乗ったり、根室までの電車の旅はよかったです
(鉄子ではありませぬが(笑))
しかもこのGW、北海道は毎日めちゃくちゃ良い天気でした。
もう暑いくらいで、念のため持っていった上着は、ただジャマなだけでした。

0905kushiro1.jpg
0905kushiro2.jpg
0905kushiro3.jpg
(緑の湿原にはまだちょっと早かった。。)
0905kushiro4.jpg

あっ、クーちゃんに会えなかったのはちょっと残念でしたが…
(さすがに一日中、釧路川でクーちゃん待ってるわけにはいきませんからねぇ・・)

詳細はまた追々・・・?


スポンサーサイト

Comment

編集
道東は網走~釧路~根室など大学の頃行ったきりです。
ホタテとカニをたくさん食べたのを覚えています。
あのあたりのローカル線の車窓は本当にすばらしいですよね。
根室駅周辺でカニ入りラーメンでも、と考えて何も下調べせず行ったのですがあまりに寂れていてそんなお店もなくごく普通の中華そばを食べた記憶があります。
にゃんこの写真は撮れましたか?

2009年05月10日(Sun) 07:58
編集
今度は北でしたか。
これで日本の四端全制覇じゃないです??
おめでとうございますー!(^^ ←違ってたら失礼(苦笑)

納沙布岬まで公共の乗り物だけで行けるんですね?
道東ってめちゃくちゃ不便そうなんで、冬以外であればひとりでも迷わずレンタカー借りちゃうんですけど・・・湿原を行く列車旅は楽しいですよね。なにか動物には会えました?

釧路といえば和商市場ですけど、地元の人にいわせるとあすこは完全に観光客向けモードなので、いまは回転寿司!!ならしく、「まつり寿司」とか名前忘れましたが他にも教えてもらって何軒か行ってどこもすごくよかったので・・・行かれる前になみさんにもお教えできればよかったかも~と思うこの頃です(^^;;
2009年05月11日(Mon) 19:46
編集
★マッシーさん
ローカル線の車窓は楽しめましたよ♪
根室駅前はほんと何にもありませんね(苦笑)
観光案内所と土産物屋だけで・・。
私はカニラーメンではなく、エスカロップとかいう根室ご当地グルメ?を食べてきました^^;

北海道ではニャンコにはあいませんでした…


★おかぽんさん
そう、四端制覇です~^^;
納沙布岬は根室駅前からバスがありました。(本数は少ないですが。)
レンタカーも考えたけど、釧路~根室間の電車にも乗ってみたかったし
(この間、窓の外 見てると鹿がいたりしました)、
ひとりレンタカーだとレンタル料からガソリンまで全部1人で負担しないとなので…(苦笑)
車はやめました。

じつは行く1~2日前に、そいえばおかぽんさん以前釧路行ってたような…と思い
blogの過去記事見ましたっけi-229
でもあちこち移動するのに足がないので、結局、和商市場(ホテルのすぐ裏だったから)に
2日続けて行ったりしてました^^;
2009年05月12日(Tue) 00:02












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL >>