なみなみ*らいふ

旅の記録と日々のできごと、思うこと・・・
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP沖縄 ≫ 最西端到達。

最西端到達。

yng8311.jpg
先日チラッと書いたように、8月30日~9月2日まで八重山諸島へ行ってきた。
いつも春か秋に行ってるので夏ははじめて。。
台風は気になったけど、なんか今年は今のところ台風あんまりきてないよね。。
でも、台風きてなくて喜んでたら、前日まで雷雨がすんごくて、出発の前の晩も
一晩中雷ゴロゴロなってて、空港まで行くのに電車がとまったらどうしようと
気になってしかたなかった

今回は、志木那島与那国島2泊→黒島1泊。(今回、はじめて竹富島へは行かなかった
天気は前半よかったけど、後半2日間は曇りですっきりは晴れなかった。
(与那国を発つ日の午前中ちょっと雨が降ったりやんだり。)
yng8314.jpg
黒島は前回行ったとき天気悪くてシュノーケルもしなかったから、今回リベンジと思っていったのに、
また黒島では天気がいまいち・・。それでも、夏だし暑いし、曇っててもシュノーケルはしましたけど(透明度はいまいち・・
kuro911.jpg
たまに陽がさすものの雲は多めですっきり青空な黒島はまた見られず・・
kuro921.jpg
kuro922.jpg
でも今回のメインは与那国。
与那国滞在中は晴れていて、きれいな緑(牧場)と青(海と空)の風景が見られたし、
いちばんの目的だった海底遺跡シュノーケルも、海は波もなく穏やかで、船に乗ってても
気持ちよかった。(こんなに穏やかな海も久しぶりだったような・・)
yng8313.jpg
ただ、日本で最後に沈む夕陽は、海の上は雲が多くて、海に沈む夕陽は見られなかったのが、
ちと残念ではあった (なので台湾ももちろん?見えず。。)

与那国は八重山へ行き始めた当初からずっと行きたかった。
でも、遠いし飛行機代もかかるし・・と後回しになってて・・
それに、島がでかいし(ちなみに信号機は2つあった)、私のスキな広々なビーチ
(コンドイ@竹富とか、ニシハマ@波照間みたいな)はないから、どうかなと思ったけど、
行ってみればまたどこの島とも違って、それはそれで気に入った
なんかはるばる遠くまで来たから3泊ともずっと与那国でもよかったかなと、思ったり。。

・・というわけで、与那国に行ったことで、日本最西端到達。
yng8312.jpg
日本最東西南北端、これであと行ってないところは、東だけ。。
なんとか最東端へも行かねば・・・
そして八重山諸島は、あと西表島と鳩間島が残ってる。パナリもか・・?
これもなんとか制覇したいなぁ・・・
スポンサーサイト

Comment

与那国!
編集
八重山に行かれてたんですね~
ほんとになみさん アクティブ!
海底遺跡は私もみてみたいんです。
でも与那国まで行くのが大変やなー
と思って八重山の中でも与那国だけ
行けてません~
2008年09月07日(Sun) 10:29
編集
★mimiさん
そうなんですi-229また行ってきてしまいましたi-201
与那国ずっと行きたかったから、今年は絶対行こうと思ってまして…i-229
mimiさんも与那国はまだなんですね。
たしかに与那国だけちょっと遠いですものねi-282
でもまたどこの島とも違うかんじでよかったですよ。今度は是非・・!?
私はあと西表島まだなんでなんとか行きたいとは思ってまするi-37
2008年09月08日(Mon) 00:44
編集
おお~、与那国まで行ってきたのですね!
与那国では台湾のテレビが見られる、なんていう事を聞いたことがあるのですが。
それから、黒島のビーチでの拾い物、これは私もあちこちでよくやっています。本棚に飾っていますが、数が多くなってきて本を出すのに邪魔になってきています(^^;)
私も与那国行きたいですがおっしゃるとおり遠いし、交通費も台湾へ行くよりかかりそうだし(^^;)
2008年09月13日(Sat) 14:42
編集
★マッシーさん
やっと念願の与那国へ行くことができましたi-229
台湾のテレビは?どうだろ…ちょっとわかりませんが…(汗)
確かに交通費、台湾へ行くよりかかりますね!?
今回は中部(名古屋)⇔那覇は特典航空券とれたので飛行機代はおさえられましたi-229
でも確かJALマイル、15000+離島乗継5000=20000マイルで那覇乗継与那国まで
とれるんですよね?マイルたくさんたん貯めてそうなマッシーさんなら行けるのでは…?

私もビーチでの拾い物が多くて、だんだん置く場所がいっぱいになってきてます(汗)
2008年09月15日(Mon) 00:06












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL >>